ミノキシジル 副作用

育毛剤として歴史のあるリアップがCMを通じて広くその言葉を世に打ち出したことで、薄毛に悩む人達の間で浸透しつつある「ミノキシジル」という成分。

 

その発毛効果を期待して、あなたもミノキシジル配合の育毛剤を使おうかと思っているのではないでしょうか?

 

しかし同時に、ミノキシジルには強い副作用があるという情報に不安をいだいて、色々と調べていった結果、当サイトに辿り着いたことと思います。

 

当サイトでは、そんなミノキシジルの副作用による危険性をきちんと理解して頂き、あなたが本当に使うべき育毛剤を見つける手助けとなる情報を提供しています。

 

また、発毛効果が期待できる成分はミノキシジルだけではないという事実も明らかにしていますので、ぜひ最後まで御覧ください!

 

ミノキシジルとは一体どんな成分なのか?

 

CMなどの影響で「ミノキシジル=発毛効果」というイメージが定着してしまいましたが、本来ミノキシジルとはどんな成分なのかを詳しく知っている人は決して多くありません。

 

もともとミノキシジルは血圧降下剤として高血圧患者に処方された医薬品で、その副作用として体毛が濃くなる「多毛症」が多く発生したことから、「ロゲイン」という名の脱毛治療薬としてアメリカで販売されはじめました。

 

その後、日本でも発毛研究が進められて塗り薬(育毛剤)として販売されるようになったのが、あなたもご存知のリアップになります。

 

つまり、

 

ミノキシジルは副作用から生まれた成分

 

であるということを、まず最初に理解してください。

 

また、ロゲインをはじめとしたミノキシジルのタブレット(錠剤)は日本では未認可で、現在のところ日本で認可されている飲み薬のAGA治療薬は、プロペシア(フィナステリド)だけとなっています。

 

このプロペシアも、もともとはアメリカで前立腺肥大症の治療薬として使用されていたところ、発毛効果が副作用として発見されたことで脱毛治療薬として販売されました。

 

飲み薬の方が体内から直接作用するため、発毛効果に関しては塗り薬も優れていますが、ミノキシジルは日本では正規に認められている薬ではないということは、しっかり覚えておきましょう。

 

また、飲み薬タイプのミノキシジルとプロペシア、いずれも生殖機能への影響が考えられているため、女性への処方は禁じられています。

 

女性の場合は、低容量のミノキシジル配合の育毛剤のみが使用を許されている形となっています。

 

このように、もともと副作用から生まれた成分であること、飲み薬に関しては、とくに様々な使用制限のある医薬品であることがお分かり頂けると思います。

 

実はそこにミノキシジルによる重大な副作用の危険性が潜んでいるのです。

 

多毛症の他にもさまざまな副作用の危険性があるミノキシジル

 

ミノキシジルに見られる副作用には、具体的に以下の症例が確認されています。

 

ミノキシジルの副作用

 

【皮膚疾患】

 

・多毛症(発毛以外)

 

男性ホルモンを抑制する反応によって、頭皮だけでなくひげや胸毛、腕などにも発毛してしまう症状です。

 

・ニキビ・肌荒れ

 

もともと頭皮に傷がある、肌が弱い人は薬剤によってニキビや肌荒れが見られることがあります。

 

・ミノキ焼け

 

ミノキシジルの直接的な原因として頭皮のかぶれや痒みが出る副作用で、赤くただれることから「ミノキ焼け」と通称で呼ばれます。肌の状態によっては育毛剤を塗布した所が猛烈な痒みや傷みを伴うため、原因がわかりやすい症状です。

 

【内臓疾患】

 

・心臓に負担がかかる(動悸・狭心症)

 

血圧降下剤が元となる成分であるため高血圧気味の方が、急に血圧が下がることによって心臓に負荷がかかり、動悸や胸の締め付けを感じるという事例があります。

 

・肝臓に負担がかかる(肝機能の低下)

 

どちらかと言えば、内服薬の副作用として注意したいのが肝機能の低下。日本では認可されていないが、プロペシアにも同様の副作用が見られます。そのため、アルコールとの併用は絶対に厳禁となっています。

 

【男性機能の疾患】

 

・精力減退
・ED

 

男性の使用が多い中、もっとも悩める副作用と言ってもいいのが、男性機能の著しい低下。長期使用者に最も多く見られる症状でもあり、とくに20代〜30代の子作りを考える世代には重くのしかかる症状となっています。

 

 

こうした副作用は飲み薬、育毛剤のような塗り薬に関わらず発症する可能性があります。

 

育毛剤のような頭皮に塗布するタイプ(外用薬)は飲み薬(服用薬)に比べて成分が低用量となるため、症状も皮膚疾患のように比較的早くわかる副作用であるというイメージを持たれる方が多いようですが、

 

 

実はそうではありません!

 

 

確かに、内臓疾患や男性機能の疾患は、育毛剤を使用して1ヶ月やそこらで見られるケースはまれといってよいでしょう。

 

しかし、育毛剤の副作用としては、むしろ内臓疾患や男性機能の疾患の方が恐いと言ってもよいのです。

 

なぜなら、

 

育毛剤は数ヶ月〜数年単位で使用していかなければいけないもの

 

だからです。

 

ミノキシジル配合の育毛剤ですら、個人差はありますが最低でも6ヶ月の使用を推奨しており、それでも髪がフサフサになるまでの効果は到底期待できるものではありません。

 

その間、ミノキシジルの成分が体内に蓄積されていくため内臓疾患や男性機能の低下が徐々に表面化し、気づいたときには重症化してしまっていることも大いにありえるのです。

 

また、これも意外と知られていないことですが、

 

ミノキシジルは使用を止めれば発毛効果は、その時点でストップします。

 

つまり、ミノキシジルによって、せっかく毛が生えてきたのに途中で使用をストップしてしまえば、それ以上髪は成長しないのです。

 

このように、一度ミノキシジル配合の育毛剤を使ったら、薄毛の心配がなくなるまでずっと使用し続けなければいけません。

 

だからこそ、ミノキシジルの副作用による身体への重大なリスクは切っても切り離せないものなのです。

 

 

 

 

それなら、副作用の危険がない育毛剤を使用した方がいいなぁ・・・けど、発毛効果がみとめられてるのってミノキシジルだけなんでしょ?だったら、そもそも選択肢ないじゃん・・・。


 

 

その考え、実は大きな間違いなんです!

 

 

ミノキシジルと同等の効果を持つ天然成分は存在する

 

ミノキシジルというのは『血管を拡張し血流を良くする』ことによって発毛を促進する仕組みですが、これと同じ状態を作り出す天然成分があります。

 

その天然成分の中で、現時点で最も効果が認められているのが、

 

 

M-034(コンブ抽出エキス)です。

 

 

このM-034はミノキシジルと同等の育毛パワーがあると比較実験で証明されています。

 

M-034

(参考資料:濃密育毛剤BUBKAより)

 

 

ただ、厚生労働省に認可されているもののM-034はあくまで天然成分から抽出したエキスであるため、ミノキシジルのような医薬成分のようなはっきりとした効果を公言することはできないのです。

 

このことをきちんと理解できれば、ミノキシジル配合の育毛剤以外は効果がないなんて決して思わないですよね?

 

さらに、こうした天然成分で作られた育毛剤には、ミノキシジル単体では到底出せない効果でもある成分が同時に配合されているのです。

 

 

チェック 硬化改善

 

たんぱく質や脂肪などが糖と結びつくことで硬くなってしまうことにより、頭皮の血流が悪くなってしまう状況を改善してくれる成分です。

 

【代表的な成分】
ウメ果実エキス
チンピエキス
マロニエエキス

 

チェック 皮脂の過剰分泌の抑制

 

薄毛が進行すると頭皮がベタベタする症状も現れますが、これは皮脂にの過剰分泌が原因となっています。こうした皮脂量を適正に戻し、毛穴詰まりや頭皮の臭いの改善に作用してくれる成分です。

 

【代表的な成分】
ダイズエキス
ドクダミエキス

 

チェック 頭皮環境の改善

 

乾燥や血行不良といった薄毛改善を妨げる頭皮環境を元に戻すために作用する成分です。発毛を促進を邪魔しないための重要な項目で、天然成分が主成分の育毛剤には、この頭皮改善を目的とした天然成分や有効成分が充実しています。

 

【代表的な成分】
センブリエキス
コンフリーエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス

 

チェック 髪を生成するアミノ酸の配合

 

発毛成分によって生えてきた髪の成長、維持するために必要なアミノ酸。こちらも頭皮環境の改善と同様に重要な項目で、せっかく生えた髪の毛をムダにしないために正常なヘアサイクルへと導く成分となります。

 

【代表的な成分】
アルギニン
イソロイシン
セリン
ヒスチジン
バリン

 

チェック 5αリダクターゼの抑制

 

AGA(男性型脱毛症)の原因とされている5αリダクターゼの抑制効果が期待できる成分です。

 

【代表的な成分】
オウゴンエキス
チョウジエキス
ヒオウギ抽出液
ビワ葉エキス

 

 

 

こうした成分を多数配合できるのも、副作用のない天然成分が主成分だからなせる技なんです!!

 

 

(参考資料:無添加薬用育毛剤イクオスより)

 

 

薄毛対策において発毛するということは、確かに一番重要なポイントです。

 

しかし、それを薬の力で無理やり発毛させても必ずどこかにひずみが出てきますし、脱毛をしてしまった原因や発毛を促進させるバックアップがなければ、意味が無いのです。

 

薄毛をなんとかしたいという方ほど発毛効果ばかりに目を奪われてしまいがちですが、薄毛を食い止めるためには頭皮環境の改善や抜け毛予防なども同時に考えていかなければいけません。

 

仮にミノキシジルの効果で発毛したとしても、その他の環境が劣悪なままであれば使用を辞めれば元に戻るだけ。

 

さらに、副作用だけがあなたの身体に残ってしまうと考えたらどうでしょうか?

 

そんなリスクと引き換えに発毛効果を求めるくらいなら、副作用のない天然成分が主成分となっている育毛剤を使うのが正しい選択なのです。

 

天然成分が主成分となっている育毛剤を選ぶポイント

 

ここまでの解説で、天然成分が主成分である育毛剤を使うべきだということをお伝えしました。

 

しかし、改めて育毛剤について調べてみると、最近はミノキシジル配合の育毛剤かそれ以外は天然成分を主成分とした育毛剤がほとんどであることが分かると思います。

 

そのため、「探せば探すほど、どれを使ったらいいのかわからない!」

 

どの育毛剤を使う?

 

あなたがそう感じてしまい、結局どれを選んでいいのか混乱してしまうのが目に見えています。

 

私も現在販売されている育毛剤を1つ1つ調べて見ましたが、同じ作用をもたらす天然成分はいくつもあり、どちらが優れた成分なのかは、正直わかるものではありません。

 

しかし、調査を何度も重ねた結果、

 

少なくとも、

 

主成分が発毛促進+薄毛の様々な要因に作用する成分が数多く配合されている

 

育毛剤が良いということはわかりました。

 

特に発毛促進に関しては、現時点でM-034が配合されている育毛剤が効果が期待できると判断できますので、まずはそれを優先にしてセレクトしていくのが大前提となります。

 

それ以外は、発毛効果以外に作用する有効成分がどれだけ含まれているかの数をチェックして頂く形がベターとなります。

 

と、文字では簡単にかけますが、1つ1つそんなことをチェックしていたら、とてもじゃないですがいくら時間があってもたりませんよね。

 

でも、ご安心ください!あなたが手間をかけずとも、当サイトで時間をかけて調査致しました。

 

その結果として、上記の条件を満たす育毛剤を5つ選びぬきましたので、当サイトにお越しくださったあなただけに紹介させて頂きます。

 

さらに、この5つの中でも、どれを使っていいか迷ってしまうあなたのために、

 

私が調査を重ねた結果、推奨できる順番にランキング形式で並べましたので、まずは第1位の育毛剤を使って薄毛対策をスタートしてください!

 

副作用のない「天然成分」が主体の育毛剤ランキング

 

無添加育毛剤イクオス

天然無添加育毛剤イクオスの特徴

M-034を配合したイクオスは総成分数こそ少ないものの低分子ナノ水のパワーで成分がしっかりと毛根まで到達することが最大のポイント。
 
天然成分なのに効果実感が3ヶ月で76%というデータが出ているのも浸透力のパワーです。
 

価格 4,980(定期初回)円
評価 評価5
備考 45日間返金保証つき
天然無添加育毛剤イクオスの総評

M-034をはじめとする有効成分を低分子ナノ水によって確実に浸透させることで育毛パワーを不動のものにしたイクオス。
 
どれだけ有効な成分が配合されていても頭皮から浸透しなければ意味がありませんよね。
 
定期コースには毎回サプリメントがついてくるのに低コスト、ということで第1位としました。

 

チャップアップ

チャップアップの特徴

M-034配合の育毛剤チャップアップはサプリメントと育毛剤の定期便で内と外から同時に薄毛対策を行うことができます。
 
その分コストは高めになりますが、食生活が乱れている人やAGA要素の濃い薄毛の人にはおすすめの育毛剤です。

価格 9,090(即定期便)円
評価 評価4.5
備考 全額返金保証:定期コース 無期限・単品購入 30日間
チャップアップの総評

成分数では業界最大級の数を誇るチャップアップ。
 
サプリメントとの併用で更なる育毛効果が期待できますがその分コストは高くなってしまうため第2位とさせていただきました。
 
M-034配合で副作用の心配もない万人受けする育毛剤です。

 

BUBKA

BUBKAの特徴

M-034の配合量が60%増量となり業界最大の配合量を誇るBUBKA。
 
さらにこのM-034を濃縮・濃密にして分子ナノ水を使用することで濃縮された成分がしっかりと毛根に届く!
 
中長期の継続で満足度は98.1%まで上昇します。

価格 5,980(定期初回)円
評価 評価4
備考 30日間全額返金保証つき
BUBKAの総評

M-034だけの配合量を見るとランキングの中ではぶっちぎりの多さになるBUBKA。
 
もともとチャップアップとBUBKAは製造元が同じで内容成分もよく似ていたのですが、価格が安いチャップアップに軍配があがっていました。
 
コスト的にはチャップアップより高くなっていますがM-034の60%増量で今度のランキングが変わるかも!?

 

ポリピュア

薬用ポリピュアEXの特徴

「バイオポリリン酸」という脱毛を予防し、かつ発毛促進成分が配合されています。

低分子コラーゲンやヒオウギ抽出液も追加配合されますます育毛効果がアップ!

M-034は配合されていませんが、トータル成分数も含めて第4位で紹介しておきたい育毛剤です。

価格 6,800(定期コース)円
評価 評価3.5
備考 45日間全額返金保証つき

 

プランテル

薬用プランテルの特徴

正直、これといった特徴のある成分が含まれてはいませんが、発毛促進・血流促進・フケ・かゆみ抑制とバランスよく薄毛への有効成分を含んでいます。

限定的ではありますが2型5αリダクターゼの抑制してくれることから、M字はげの育毛剤として第5位に紹介しておきたい育毛剤です。

価格 6,980(定期コース)円
評価 評価5
備考 30日間全額返金保証つき